フフフブログ

ただの映画ファンの音楽素材ブログ。

さいきんあんまし曲作ってねーな

同名作品のリメイクですね。
サイバーパンクで有名な映画で昔観たと思ったのですが全く記憶にありませんでした。もしかしたら観てなかったのかも・・・。

序盤で主人公の恋人が言います。
「若い頃夢見てた暮らしとは違うけど、夢を全て手に入れることはできないわ。」

先日見た鍵泥棒のメソッドのあるシーンと同様悲しくなる台詞です。
僕を殺しにかかってるんだろうか・・・?
若い頃は、こんな1キーワードなんて全く気にはならないはずなんですが、自分も年を取ったんだなぁ・・・。

ストーリー(wikipedia)

21世紀末の世界大戦により人類は大量の化学兵器を使用した。
その結果地上の大半は居住不可能となり富裕層はヨーロッパを中心としたブリテン連邦(the United Federation of Britain、通称UFB)に住み、貧困層は反対側のオーストラリアを中心としたコロニーに居住する事になり、コロニーの住民はUFBの労働力の為にフォールと呼ばれる巨大なエレベーターに乗りUFBに通勤し働いていた。
やがてUFBからの独立と解放を目的とするリーダーのマサイアスを中心としたレジスタンスと呼ばれる反体制派のテロ活動が盛んになり、UFB代表のコーヘイゲンはロボット警官のシンセティックの増産を唱える。
コロニーで暮すダグラス・クエイドは、このシンセティックの生産を行う労働者であり、貧しいながら美人の妻ローリーと平和に暮らしていたが、ダグラスはいつの頃からか夢の中で見知らぬ女性と病院を脱出し警官に追われる夢を見る様になる。
その夢の事が気になりつつ、ある日リコール社の宣伝に興味を持つ。友人であり同僚のハリーからは脳障害になるから行くなと忠告されるが、ダグラスの足はリコール社へと向かっていた。

街並みは現在の風景の延長上といったような造りになっていて実際にこんな未来になりそうな気がします。
正にサイバーパンクといったスラムっぽい風景は好きな人はテンション上がるはずです。

実はSFでアクションシーンが多いものはあまり趣味では無いのですがすんなり引き込まれて何も考えずにリラックスして観れました。

冒頭の台詞ですが途中、この台詞をいった彼女がどういった役柄だったのか判るのですが結末も含めて考えると感動しますね。

とりあえず夢オチじゃなくて良かったです。(かなり後半まで疑ってましたw)

少し前に観ましたがかなりオススメの作品です。

海外版犯罪24時みたいな映画です。

記録として警察コンビがお互いにカメラを身に付けて撮影をしていると設定になっています。
なので、かなりブレなのがあり画面酔いしそうなキツイ箇所もあるのですがブレアウィッチのように全編通してそうなっている訳ではないので続けて観ることができます。

倒錯しているかもしれませんがかなりゲームに近い感覚です。
FPS視点のような、またグランセフトオートのような、洋ゲーにはもっと近いものがありそうですね。

撮り方にしろ警察24時っぽいのはあまり好みではないので観始めて序盤は、
キツイかなー、と思っていました。

しかし、そんなことは無くそのカメラワークのお陰で作品にのめり込めました。
絶妙なバランスで成り立っています。凄く丁寧に作られているんだなと思いました。

数は多くないですがかなりショッキングなシーンがあります。子供は観れないですよw
そのショッキングさもそういった演出によりリアリティを与えることに成功していると思います。

恋愛や家族、同僚についてのシーン、仕事外のオフの場面ですね。そういったシーンを挟むと主人公コンビにどうしても感情移入してしまいます。

大どんでん返しがあるようなストーリーではありませんし、そもそもストーリーが大きく動くような映画では無いですが、何年経ってもじんわりと印象に残っているような映画になりそうです。

彼女役のアナ・ケンドリックという人が可愛かったです。
BiSというアイドルのプー・ルイに似ていると思うのですがどうでしょう?

勇者ヨシヒコ見終わりました。
おもしろかった。続けて見たので後半少しダレてしまいましたが個人的な問題です。

10話の挿入歌で反町ビーチボーイズ的な唄を低音で唄っていた曲が最高でした。

しかし、一期に引き続きオープニングのPVがカッコ良過ぎます。

先月、『大洗にも星はふるなり』という映画を観たのですがスタッフも同じチームみたいですね。出演者もだいぶカブってます。
この映画にもPVが登場します。
内容は元舞台らしくシチュエーションコメディぽく部屋の中で完結するストーリーです。
こっちもオススメ。

ムラサキ役の人が木南晴夏という方が可愛かった。

調べてみた所、20世紀少年の響子役がハマッているらしく観たくなりました。
原作は全巻持っているのですが映画は面白く無さそうだったのでスルーしていたのですが俄然興味が湧いてきました。

このページのトップヘ