フフフブログ

音楽を作ったり映画の感想を書いたりしています。詳細はプロフィールからどうぞ。

投稿した〜。
初音ミク】ありふれたストーリ(カ)ー【オリジナル曲】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30432493

木尾士目の「四年生」「五年生」を読みました。

木尾士目先生って男性だったのか…。

げんしけん以降の作品はだいたい読んでいたはずですが、完全に女性かと思っていました。
げんしけん二代目の展開は女性だから作れたのかと思っていたものですが…。

「四年生」「五年生」は大学の4年次の話ですが、げんしけん初代の後半にもこんな話ありましたね。
話自体はけっこう生々しいリアル寄りの作品でした。

邦画のマンガ原作の実写化は本当にひどいコスプレでしかないですが、こういう作品を映画化して丁寧に作ることから始めたらいいのに。

しかし、びっくりしたなぁ。

完走したもの

  • エロマンガ先生
  • つぐもも
  • 僧侶と交わる色欲の夜に…
  • リトルウィッチアカデミア
  • 月がきれい
  • 進撃の巨人 season2

エロマンガ先生
エロマンガ先生かわいい

つぐもも
原作を読んでいるので観てみましたがそこまで好みじゃなかったです。
懐かしの90年代アニメって感じでした。
今までそう捉えてなかったけどそう考えると原作ってそんな感じだなと逆に思えました。
OP曲が死ぬほど嫌い。

僧侶と交わる色欲の夜に…
生臭坊主すぎる

リトルウィッチアカデミア
毎回楽しみでした。日本の宝だと思います。
主要キャラ3人はもちろんのこと登場人物みんな魅力的なのが良いですよね。

月がきれい
圧倒的にリアル路線ですよね。(京アニとは別ベクトルで)
アニメ、というかフィクションなのに、「あっ」とかっていうセリフでもない発声をこんなに聞いた作品は初めてで新鮮だったw。まあ完全にリアル。
懐メロに関しては正直やりすぎな気がしてウザかった…というかこの世代にとっての曲という意味では関係ないので、制作者がやりたいからやっただけ、とか話題作りのために入れたのかなー、と思いました。

進撃の巨人 season2
原作をちょっと読み返したいです。

サクラクエストは引き続き観ていきます。

タイトルは知っていたけどスルーしていたBLUE GIANTと続編のSUPREMEを読みました。

さすがに話題になるだけあって面白かったです。

映画「セッション」と同じくジャンルとしてジャズ至上主義の上でストーリーは進んでいきます(登場人物が全員そう思っているわけではない)が、そこまで鼻につく感じはありません。

ココロが熱くなる

音楽の知識は必要ないので、音楽ファンじゃなくても楽しめます。
読みながら何回か泣きました。

キャラの内面の描き方が良いですよね。
絵だけじゃなくそういった所にも浦沢直樹テイストを感じたので、「弟子かな?」と思ったのですがそういうわけじゃないようでした。

「28歳のときに340円でマンガの描き方の本を買ってきて始めた」(!)らしいですが何ていうタイトルの本なんだろうか?

小学館からずっと出版されているので多分別の会社からの本なんでしょうね。
タイトル教えてくり〜。

このページのトップヘ